ドラマのスタッフたち



【監督脚本:木下恵介】『記念樹』『女と刀』『もがり笛』『おやじ太鼓』『太陽の涙』
  木下恵介さんは、1912年(大正元年)12月5日に静岡県浜松市で生まれました。1933年(昭和8年)に松竹キネマ蒲田撮影所に入社し、1943年(昭和18年)に映画『花咲く港』で監督デビューをします。その後も、『カルメン故郷に帰る』1951年(昭和26年)」、『二十四の瞳』1954年(昭和29年)、『楢山節考』1958年(昭和33年)などの名作を世に送り出し、人間の日本人の強さ、弱さ、美しさ、喜びや悲しみの物語を通して描き続けました。また、テレビ界でも一世を風靡した『木下恵介劇場』『木下恵介アワー』で日本におけるテレビドラマの礎を築きました。1998年(平成10年)12月30日に86年の生涯を閉じました。
【監督:川頭義郎】
『二人の星』『記念樹』『もがり笛』『おやじ太鼓』『兄弟』『太陽の涙』他
  川頭義郎さんは、1926年(昭和元年)4月28日に東京市牛込区で生まれました。暁星中学を卒業し、日本映画学校で学び、1945年に松竹に入社します。カメラマン、監督助手を経て、1955年『お勝手の花嫁』で監督デビューします。『涙』(1956年)『有楽町0番地』(1958年)『いつか来るさよなら』(1959年)などを監督します。1972年(昭和47年)12月30日に47年の生涯を閉じました。
【監督:桜井秀夫】『今年の恋』『おやじ太鼓』『思い橋』
  桜井秀夫さんは、1930年(昭和5年)5月1日に京都府京都市伏見区で生まれました。1947年に東京都立第四中学、1953年に同志社大学文学部を卒業し、同年松竹に入社します。助監督を経て、1964年に『この空のある限り』で監督デビューします。映画『アンコ椿は恋の花』(1965年)などを監督します。テレビに移りテレビドラマ『どじょこさん』など多数の作の監督をします。1973年には木下恵介プロダクションに入り、『おやじのひげ』シリーズなどの監督をします。2011年(平成23年)6月5日に81年の生涯を閉じました。
【監督:中村登】『思い橋』『わが子は他人』
  中村登さんは、1913年(大正2年)8月4日に東京府下谷区根岸で生まれました。1936年に東京帝国大学文学部英文科を卒業し、松竹大船撮影所に助監督として入社します1941年『結婚の理想』で監督デビューをします。映画『我が家は楽し』(1951年)『いろはにほへと』(1960年)『古都』(1963年)『『ぜったい多数』(1965年)などを監督します。1979年に紫綬褒章を受章します。 1981年(昭和56年)5月20日に68年の生涯を閉じました。
【脚本:楠田芳子】
『喜びも悲しみも幾歳月』『記念樹』『今年の恋』『あしたからの恋』
  楠田芳子さんは、 1924年(大正13年)3月12日に 静岡県浜松市で生まれました。映画監督木下恵介さんnの実妹です。1942年(昭和17年)に実践女子専門学校家政研究科卒業し、1965年(昭和40年)に木下恵介プロダクションに参加し、1970(昭和45年)にフリーとなります。映画『この広い空のどこかに』1954(昭和29年)、『喜びも悲しみも幾歳月』1957年(昭和32年)、テレビドラマ「氷点」 (NET、1966年)、連続テレビ小説『北の家族』(1973年、NHK) などの脚本を手掛けます。2013年(平成25年)12月3日に89年の生涯を閉じました。
【脚本:山田太一】
『記念樹』『女と刀』『3人家族』『兄弟』『二人の世界』『たんとんとん』
  山田太一さんは、1934年(昭和9年)6月6日に東京市浅草区で生れました。1958年(昭和33年)に早稲田大学を卒業して、松竹に助監督として入社し、木下恵介監督に師事します。1965年(昭和43年)に退社してフリーとなり、脚本家になります。テレビドラマ『男たちの旅路』(NHK総合、1976年)で人気を博し、『高原へいらっしゃい』(東京放送、1976年)、『岸辺のアルバム』(東京放送、1977年)、『想い出づくり。』(東京放送、1981年)、『ふぞろいの林檎たち(東京放送、1983年)などの脚本を手掛けます。それぞれの時代を背景として、「器用に生きることができない名もなき人々」を主人公した人間の奥深く考察した物語を展開させます。
【脚本:高橋玄洋】『思い橋』
  高橋玄洋さんは、1929年(昭和4年)3月24日に島根県松江市で生れました。1954年(昭和29年)に早稲田大学文学部を卒業し、新日本放送(現・毎日放送)のラジオドラマ懸賞募集に「母の履歴書」で当選し、1960年(昭和35年)『傷痕』で芸術祭奨励賞を受賞して放送作家として独立します。テレビドラマ『判決』(1964年、NET)、連続テレビ小説『繭子ひとり』(1972年、NHK)、『三男三女婿一匹』(1976年、TBS) などの脚本を手掛けます。かつてお茶の間で人気だった「ポーラ名作劇場」にも『ふんどし医者』などもっとも多くの脚本を書いています。
【脚本:田向正健】『記念樹』『わが子は他人』
  田向正健は、1936年(昭和11年)9月27日に東京市で生れました。1961年(昭和36年)に明治大学文学部卒業後、松竹大船撮影所に助監督として入社します。1960年(昭和35年)に映画『とめてくれるな、おっ母さん』の脚本・監督を担当して、同年木下惠介プロダクションに移籍し、脚本家の道を歩むます。テレビドラマ『冬の旅』(1970年、TBS)、連続テレビ小説『雲のじゅうたん』(1976年、NHK) 、大河ドラマ『武田信玄』(1988年、NHK)などの脚本を手掛けます。2010年(平成22年)3月5日に73年の生涯を閉じました。
【音楽:木下忠司】全作品
  木下忠司さんは、1916年(大正5年)4月9日に静岡県浜松市で生まれます。映画監督の木下恵介さんは兄、妹は脚本家の楠田芳子さんです。1934年(昭和9年)に上京し、武蔵野音楽学校で声楽を学び、1940年(昭和15年)に卒業します。戦後復員後に兄の木下恵介さんの紹介で松竹映画の音楽部員となり、同監督『わが恋せし乙女』(1946年封切)の音楽を担当します。その後も兄の木下恵介さん監督の映画『女の園』(1954年)、『二十四の瞳』1954年(昭和29年)など作品を始めとして映画・テレビドラマの音楽を数多く担当します。また、1969年(昭和44年)から放送された『水戸黄門』の主題歌「ああ人生に涙あり」もや1974年(昭和49年)にはテレビアニメ『カリメロ』の主題歌も作曲しています。2018年(平成30年)4月30日に102歳の生涯を閉じました。