【謹告】当HPは現在長期保守作業の為、原則非公開でダイジェスト版のみ公開です。


 『青春とはなんだ』『これが青春だ』に続き、昭和42年(1967年)10月29日から昭和43年(1968年)10月13日まで放送された全41話の竜雷太主演の青春学園テレビドラマです。
  ドラマの前半は、海東市役所の体育振興係として採用され、若者のラクビーチーム・のら犬チームを結成するなどスポーツを通して、後半は海東高校の先生として学園生活を通して、友情・恋愛・家族・社会・学校・人生などの様々な青春像を描きだしていきます。
  昭和40年代の日本の若者の置かれていた状況は、高度成長で経済的に豊かになる反面、映画『若者たち』(1968年)のように貧しさや社会の矛盾に立ち向かう青春があり、様々な問題が噴出した時代でもありました。また、明治の激動、大正デモクラシー、戦前の不安、戦争、戦後の混乱、高度成長と様々な経験をした世代が、同じ時を生きた時代でもあります。
 岩谷時子さん作詞の主題歌「でっかい青春」の躍動感溢れる歌詞「ぼくの両手のでっかい青春 夢にあふれたでっかい青春」のように今日より明日が確実によくなる、良くしようとした時代でもありました。テレビドラマ『でっかい青春』を通して、そんな昭和40年代の時代の雰囲気を振り返りながら楽しみたいと思います。また、平成14年(2002年)8月より平成15年(2003年)7月までファミリー劇場で放送されました。『でっかい青春』をでっかく楽しむことができれば幸いです。
(2003年7月 管理者「マヤの暦」)